空き家にしているマンションの売却方法

この記事の所要時間: 145

空き家にしているマンションの売却

長い間空き家にしているマンションの売却方法について記載していきます。
マンションを購入したは良いが、転勤などの仕事の関係で、長い間住んでいないというケースも多くあります。

空き家のマンションは売れる?

放置をしていたマンションでも問題なく売る事が出来ます。
注意点としては、設備機器に不備があるか確かめるという事です。
長い間使っていないと、エアコン、照明、水廻りが故障している場合があります。
もしも故障をしていた場合には、修理が必要となります。

売却を行う際には、付帯設備表というものを記載しなければなりません。
これは、その名の通りなので、設備機器が正常に作動をしているかというものになります。
購入希望者は、この票も物件選びの参考にします。
もしも嘘を記載していた場合には、瑕疵という事で修理費を出さなければならないケースがあります。
書き方などについては、不動産業者と一緒に家に行き、書くと分かりやすいと思います。

空き家の方が有利って聞いたけど?

空き家の場合には、オープンハウスや内覧が自由に行う事が出来ますので、有利になると思う方もいると思います。
当然、そういったメリットはありますが、オープンハウスや内覧の売却ためだけに賃貸にするという事だけはやめておきましょう。
すぐにマンションは売る事が出来ませんので、費用が高くなる可能性があります。
また住宅ローンの支払いが残っている場合には、住宅ローンと家賃のダブルで支払いをする必要が出てきます。
すでに引越し先が決まっている、実家に帰るなどの場合には、問題ありません。

住みながら売却する方も多く、全く問題がありません。
出来る範囲で綺麗にしておく、内覧がいつでも行けるようにしておくと言ったルールを設けておけば、スムーズに売却活動も行う事が出来ます。
詳細は「マンション売却の内覧でやるべき事」を参考にしてください。
不動産会社も様々な場面でも売却に対応していますので、色々と相談をしてみると良いでしょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする