築浅のマンション売却について

この記事の所要時間: 142

築浅のマンション売却

築浅のマンション売却について記載しています。

そもそも築浅というのは、建築されたばかりのマンションの事を言います。
建築されたばかりという曖昧な定義ですが、しっかりとした期間は決まっていません。
だいたい5年から10年以内と言われています。

築浅マンションの売却のメリットって何?

単純に考えると、築浅の方が古いマンションの売却よりも有利に進める事が出来る可能性があります。
価格は安くて、築年数がそこまで経過していないので、物件を探している買主にとっても目が止まりやすいというメリットがあります。
その他にも、高めの価格で売却出来るという事もあげられます。
価格が高いと言っても、新築マンションと比べると10%〜20%価格が下がります。
価格設定に関しては、実際に不動産会社に査定依頼をする必要がありますが、不動産会社によって変わってきますので、複数業者と比較すると良いでしょう。

デメリットってあるの?

しっかりと計画を立てなければ、ローンを残したまま売却すると言ったケースがあります。
中古マンションよりも価格は高めと言っても、限界値はあります。
ローンの計算も入れた上で、売却価格の設定などをしなければなりません。
抵当権の抹消をしなければ家を売る事ができなという言った事態にならないようにしたい所です。

そのあたりは、売却の依頼をしている不動産会社に要望をしっかりと伝えて、色々とアドバイスをもらうと良いでしょう。
信頼の出来る不動産会社に依頼するためにも、色々な会社を見ておきましょう。
不動産会社によっても、提案方法、売却能力などは異なります。

注意点は?

注意点としては、売却理由を明確にするという事です。
購入してからすぐに売却するというのは、買主としても「何かあったのか?」と思わせてしまいます。
もしも、事故があった物件、騒音がひどい、などのような報告義務が生じる場合には、注意が必要となります。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする