マンション売却に必要な仲介手数料について

この記事の所要時間: 148

マンション売却に必要な仲介手数料の画像

マンション売却の仲介手数料について記載していきます。

マンションの売却にかかる費用として仲介手数料というものがあります。
これは、不動産業者に売却を依頼し、実際に売れた時に成功報酬という事で支払われるお金の事です。

この仲介手数料ですが、法律で上限が決まっています。
上限が決まっていますので、ほとんどの業者は上限ギリギリで請求しますが、中には仲介手数料の半額キャンペーンなどを行っている業者も存在します。

仲介手数料の金額は?

売買価格の3.24%(3%+消費税)+6万4,800円(6万円+消費税)
※消費税によって、価格が変わってきます。

上記が計算式となります。
細かい計算式もありますが、上記方法で簡単に仲介手数料を計算する事ができます。

仲介手数料の注意点

先ほども記載した通り、あくまでも法律で決まっている上限という事で、売買価格の2%でも1%でも問題はないのです。
そのため、売主の中には仲介手数料を値切る人もいます。
ここで注意点があります。

その注意点というのは、仲介手数料の値下げを交渉しないということです。
安くなればそれは嬉しいと思いますが、値下げをすると良い事ばかりではない事を理解しておきましょう。

不動産会社は、マンションの売却に成功すると仲介手数料を受け取る事ができるのですが、もしも売却できなければ一切お金を取る事ができません。
ネット媒体や折込みチラシへの掲載、現地調査、営業などの人件費、もしも売れなければ不動産会社は損失でしかないわけです。

値下げを行い不動産会社のやる気という部分を削がないようにしてほしいと思います。
色々と提案をしてもらえたり、広告掲載など、依頼主の物件を売却するために、全力で動いてくれます。
そんな業者に感謝の気持ちを込めて支払うのが、仲介手数料です。

お互いに気持ちの良い取引をするためにも、ちゃんと支払うべき所には支払うべきだと思います。
もちろん、キャンペーンなどで仲介手数料を半額などにしている場合には、この限りではありません。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする