マンション売却にかかる譲渡所得税って何?

この記事の所要時間: 125

画像の説明

マンションを売却した時に譲渡所得税が必要になる場合があります。
この譲渡所得税というのは、売却して得た利益分に課税される税金の事です。

譲渡所得税とひとくくりにしていますが、内容は住民税と所得税に分けられます。

計算方式は下記のようになります。

譲渡所得=譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)
課税譲渡所得=譲渡所得-(特別控除)
税額=課税譲渡所得×税率(所得税・住民税)

【税率】

所有期間5年以下:39.63%(所得税30.63% 住民税 9%)
所有期間5年超:20.315%(所得税15.315% 住民税 5%)

この計算に出てくる特別控除というのは、住居用の場合3,000万円の控除を受ける事が出来るものです。
居住用のマンションを売却する場合には、だいたい3,000万円以上で売れる事はありませんので、譲渡所得税が発生するという心配もありません。
その他、所得が10年を超える場合にも税率が下がります。
特別控除に関しては、申請も必要となりますので、売却を依頼している不動産業者に詳細を聞いておく必要があります。

その他、売却価格から購入費、リフォーム設備、売却に必要な仲介手数料などの経費などを差し引く事も出来ます。

よほどのマンションでない限り、税金が出るという事はありませんが、念のために確認をしておきましょう。
税金を支払わないとペナルティーも高く付く場合があります。

不動産会社は、税理士や司法書士などプロの専門家とのネットワークもあります。
色々と無料で相談に乗ってくれると思いますので、気軽に聞いてみると良いと思います。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする