マンション売却時の住民票

この記事の所要時間: 120

マンション売却時の住民票

マンションを売却する際に忘れがちなのが、住民票の移動です。
依頼している不動産会社がほとんどの手続きを行ってくれるという事もあって、忘れるようですね。

住民票を移動してないと?

住民票を移動していないと、どんな事が起こるのでしょうか?
税金、国民健康保険に関して、地域によって異なりますので、税金関連でトラブルになる可能性があります。
その他、住宅ローン減税が受けられない、選挙権がない、運転免許での更新、違反による呼び出しが旧住所など、様々なトラブルも想定されます。
必ず住民票を移動しておくようにしてください。

移動するタイミングは?

住民票を移動するタイミングとしては、引越しを行った時で問題ありません。
正確に言うと、引越し日から14日以内となっています。
実際に引越しを行う前は、引越し先の地域にまだ住んでいませんので、住民票を移動する事は出来ないのです。
出来るだけ早めに行っておきたいので、可能であれば引越日に市役所に行っておきましょう。

必要書類は?

住民票を移動する際には、転出証明書と本人確認書類が必要となります(※他の市区町村)。
引越す前の役所にて印鑑登録をしている場合には、印鑑登録カードも持っていきましょう(※他の市区町村)。
その他、国民保険証も返却する事になります(※他の市区町村)。
同一市区町村内の場合には、転居届だけで問題ありません。
事前に必要な書類を取得しておかなければ、また手間がかかりますので、事前にしっかりと調べておいてください。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする