海外赴任のマンションの売却

この記事の所要時間: 135

海外赴任中のマンションの売却

「マンションを購入した矢先に海外赴任になってしまった」
そんな事態もあり得ない話ではありません。

今後数年単位でマンションを使用する事がなくなるわけですから、売却を検討している人もいるかもしれません。
売却の他の選択肢としては、賃貸という方法もあるでしょう。
どちらにしても使用する事がない場合、税金だけ無駄に払い続ける事になりますので、対処は必要となります。

売却?それとも賃貸?

もしも数年単位で使用する事がないと分かっている場合には、マンションを売却してしまった方が楽と言えます。

賃貸の場合には全く自分では管理出来なくなりますので、不動産業者に依頼する事になります。
マンション・アパート経営と“経営”と付く位ですから、不動産業者に任せっきりになっていては上手くいきません。
空室が続けば維持管理費だけ損する事となります。

売却をする事によって、そのような煩わしい管理なども必要なくなります。
いちいち業者に状況も確認しなくても良いので、手間も省けます。
また、売れるとある程度まとまったお金が手に入りますので、次の家の購入資金にしても良いですし、手段は広がります。

早めに行動

マンションを売却する際には、時間が必要となります。
海外赴任が決まった場合、すぐに行動しなければなりません。
海外に移動してからの場合には、契約書などのやり取りが国際郵便などが必要となりますので、かなり面倒となります。

不動産業者に色々と要望を伝える事で、的確なアドバイスももらう事が出来ますので、一度相談するだけでも参考になると思います。
特殊なケースになりますので、出来るだけ実績が豊富で、担当者が丁寧な対応をしてくれる所が望ましいと言えます。
自分に合った業者を選択する際にも、必ず他の会社と比較をするようにしてください。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする