マンションの仲介と買取はどちらがお得か?

この記事の所要時間: 216

マンションの仲介と買取の画像

マンションの仲介と買取はどちらがお得か?という部分について記載していきます。

そもそも仲介と買取の違いについて始めに解説します。

仲介とは?

不動産会社に売却を依頼して、買主を見つけてもらいます。
インターネット媒体への掲載、折り込みチラシなどの宣伝活動などを行います。
買主が見つかった場合に、仲介手数料を業者に支払うという流れになります。

買取とは?

不動産会社に直接マンションを買い取ってもらう事を言います。
不動産会社が直接的に買い取ってくれますので、仲介手数料は必要ありません。

買取のメリット・デメリット

【メリット】

・即日現金が手に入る
何と言っても、すぐに現金が必要という方に最適です。
最短で3日以内に現金をもらえるという業者もあります。

・瑕疵担保が免除される
売却後に瑕疵担保責任が免除されます。
どういう事かというと、売却後に発生した瑕疵(雨漏り、配管設備などの不具合)を売主は修繕しなければなりません。
買取の場合には、その責任を負う事がないというわけです。

・仲介手数料が無料
買取の場合には、仲介手数料が必要ありません。
通常仲介手数料は、数十万円になりますので、この手数料がいらないというのは非常に大きいですよね。

・近隣にバレる事がない
中には、近隣の方に誰にもバレずに売却をしたいという方もいるでしょう。
買取の場合には、宣伝活動もしませんので、誰かにバレるという心配もありません。

・売れ残る心配がない
確実に不動産会社に買い取ってもらう事ができますので、売れ残る心配がありません。
不安を抱えたまま生活する事がありませんので、非常に楽です。


【デメリット】

・売却価格が低くなる
マンションの売却相場よりも低くなります。
当然、不動産会社も買い取ったマンションを再販するわけですから、相場で買い取る事はできません。
だいたい70%〜80%程度と言われています。
実際にどの位の価格になるのかは不動産会社に査定してもらう必要があります。

仲介と買取はどちらが良いの?

結局、仲介と買取はどちらが良いのでしょうか?
結論を言うと、その人の状況次第という事になります。
上記で記載したメリット・デメリットを把握した上で、納得する方法で売却活動をしましょう。
特にどちらでも良いという方は、「仲介」をオススメします。
どうしても売却できない場合に買取にする「買取保証付き売却プラン」を提案してくれる不動産会社もあります。

そういった面を考慮しても、色々提案してくれる不動産会社に売却を依頼したい所です。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする