マンション売却時の管理費について

この記事の所要時間: 135

マンション売却の管理費

マンション売却時の管理費について記載していきます。

マンション売却で返還金がある

マンションを売却すると管理費が戻ってくる可能性があります。
管理費の他にも、修繕積立金、固定資産税、都市計画税、火災保険料、銀行保証料、税金などの項目があります。

管理費と修繕積立金

管理費と修繕積立金は、月々前払いで支払っています。
そのため、その分は日割り計算にて返還されます。
管理費と修繕積立金に関しては、当然所有者が負担する事になる費用です。
前払いで支払っているため、売却した時点で買主が負担する事は当然の事。
不動産業者にもしっかりと確認をしておきましょう。

固定資産税、都市計画税

その他の項目でもある、固定資産税、都市計画税は、1年分を先払いしています。
先払いしている部分は、こちらも日割りで返還請求する事が可能となっています。
1月1日〜12月31日、4月1日〜3月31日までと、1年分と言っても、地域によって期間が異なります。
どういった計算をしているかというのは、不動産業者に確認をすると、一発で分かります。

火災保険料

火災保険料に関しては、残りの年数分に応じて返還する事が出来ます。
こちらは、自分で保険会社に連絡をする必要があります。

ローン保証料

ローンで購入した場合には、保証会社に保証料を支払っています。
その保証料に関しても戻ってきます。
抹消手続きをする事で、銀行が返還金額を算出してくれます。

税金

税金に関しても戻ってきます。
マンションの売却額が購入した金額よりも低い場合には、税金の軽減措置などもあります。
売却額は、不動産業者に支払う仲介手数料など、経費の部分は引く事が出来ます。
確定申告をする必要がありますので、事前に確認をしておきましょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする