共同名義のマンションを売却するには?

この記事の所要時間: 125

共同名義のマンションを売却する

共同名義のマンションを売却するには、どうしたら良いのでしょうか?
例えば、購入代金を半額支払っていれば、2分の1の権利を売る事が出来るのか、そんな疑問を持つ方もいると思います。

必要な書類は何?

共同名義のマンションを売却するためには、下記の書類を揃える必要があります。

・共同名義全員の実印、押印
・共同名義全員の契約書への記入
・共同名義全員の印鑑証明

何にしても、共同名義全員の書類を集める必要があります。
売る際には必ず全員の承諾が必要となるわけです。
また、売買契約が成立し、契約当日には共同名義全員が同席をしなければなりません。

自分の持ち分だけ売る事は出来る?

自分の持ち分だけ売る事は原則は可能となっています。
そのためには、「共有物分割の協議」がしっかりと行われており、しっかりと持ち分が区別してある場合に限ります。
「共有物分割の協議」を行うためには、結局の所、共有者全員の承諾が必要になるというわけです。

しかしながら、現実的に2分の1の持ち分だけ購入する、3分の1の持ち分だけ購入するという人は滅多にいません。
そのため、売れにくいという事は頭の中に入れておきましょう。
一度、不動産会社に相談をしてみると的確なアドバイスをもれると思います。

注意点は?

共同名義のマンションを売却する事が出来た場合には、必ず受け取った金額の記録を取るようにしてください。
理由としては、記録がない場合には、贈与とみなされ税金(贈与税)が必要となる場合があるためです。
金額の記録を取る方法としては、通帳に振込をすれば問題ありません。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする