マンション売却で競合物件が多い場合はどうする?

この記事の所要時間: 122

マンション売却で競合物件

マンションを売却する際に、競合物件が多いというケースも珍しくはありません。
もちろん、競合物件があるわけですから、購入希望者も比較をします。

同じマンションはもちろんですが、近隣のマンションだとしても、価格競争になります。
間取りや日当りなど、よほどの好条件でもない限りは、価格が非常に重要になると考えておきましょう。

住宅ローンが残っている場合のマンションの売却は、より高く売らなければ残債が残る可能性もありますので、自分の希望価格もあると思います。
しかしながら、先ほども記載した通り、価格勝負になりますので、あまりにも売れ残るという事が起これば、値下げの検討もしなければなりません。

実際に価格が安くなって損をしたと思うかもしれませんが、売却期間が長引く方がリスクが高いのです。
物件の価格もどんどん下落はしていきますし、何より売り時を逃すというのは、一番の損と考えてください。

不動産業者も様々な物件情報も把握していますので、近隣のマンションの相場なども聞いておくと良いでしょう。
価格設定の提案はしてもらえますが、ある程度は自分でも把握しておきましょう。

今後は、マンションもさらに売れなくなります。
そのため、売れ残る状況が続くようであれば、安くしてでも売却が出来るような対策を取りましょう。

不動産業者によっても提案の方法は異なりますし、販売力も異なります。
あまりコロコロ業者を変更するのはよくありませんが、業者の変更というのも視野に入れるのも良いかもしれません。
また業者選びには慎重になってください。

【簡単1分!】今日、売ったら最高いくらで売れるか正確に分かる

不動産、家、マンション売却の一括査定のサイトです。
サービスのひとつとして、無料査定価格のスピード診断を行う事が出来ます。

イエイの画像

【イエイ不動産の内容は?】
  • 約1分の入力で今日の最高査定額が分かる
  • 400万人以上の方が利用
  • 完全無料で利用可能
  • 1,000社以上の厳選会社から紹介可能
  • しつこい営業も一切ない

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする