マンション売却の流れについて

この記事の所要時間: 37

マンション売却の流れの画像

マンション売却の流れを知る事でスムーズな売却活動を行うことができます。
3ヶ月から長くて1年スパンで活動を行うため、流れを知っておかなければ不安になる事もあると思います。
売却のイメージを理解して、効率の良いマンションの売却活動をしましょう。

マンション売却の流れは?

1.情報収集
どのようにマンションを売却するのかという基礎的な知識はもちろん、売却の相場などを知るという事が重要です。
また、どの業者に売却を依頼するのか、ホームページの閲覧や口コミ・評判を見て決めなければなりません。


2.不動産業者の選定
どの不動産業者でも良いというわけではありません。
不動産業者によって得意分野というものがあります。
「一軒家の売却が得意」「土地の売却が得意」「収益物件の売却が得意」など様々です。
自分の家の状況に合った業者を選ぶようにしてください。
⇒「不動産会社の選び方はこちらを参照にしてください


3.査定
不動産業者をある程度絞ったら、査定をしてもらう事になります。
査定の中でも、一括査定のような「簡易査定」と、実際に業者が本文をする「訪問査定」が存在します。
この査定では、ある程度の不動産の価値を知る事の他にも、不動産業者がどのように売却していくのか調査をする意味でも非常に重要です。


4.媒介契約
複数業者に査定を行い、自分に合う業者を見つけたら、業者と媒介契約を締結します。
この媒介契約は、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、慎重に決めましょう。
⇒「媒介契約の選び方はこちらを参照してください


5.売却開始
媒介契約を締結すると、初めて不動産業者が売却活動を本格的に行います。
まずは、売主と相談をして売却価格を決めていきます。
その後に、業者はネット媒体への掲載や折り込みチラシなどを行います。
どのような販売活動をするのかは、事前に業者に確認しておきましょう。


6.内覧
購入希望者が現れると、内覧を行います。
この内覧というのは、実際に希望者が家に訪問をして、イメージをしてもらうために行います。
そのため、内覧によって「購入の意思が固まる」か「逃げて行く」か決まるといっても過言ではありません。
水回りなど、普段清掃していない所に関して徹底的に清掃を行っておきましょう。
⇒「内覧で絶対に行っておきたい事は?


7.購入希望者からの交渉
売買契約を締結する前に、購入希望者は購入申込書を提出します。
この申込書には、価格交渉などが記載してあります。
申込書と言っても、実際に購入するかを決定した書類ではありませんので、注意してください。


8.売買契約
申込書の内容にお互いが合意した場合に、初めて売買契約書を締結する事となります。
売買契約を行う際には、不動産業者が進めてくれますが、トラブル防止のためにも、必ず同席してください。
また、分からない事はここで最終確認となりますので、しっかりと質問をしておきましょう。
買主から売買価格の5%から10%程度の手付金を受け取ります。


9.売却後の手続き
売買が無事に完了した後には、様々な手続きがあります。
登記簿の変更や抵当権の抹消などによる司法書士とのやり取り、確定申告などの税金の問題。
初めてで分からない事も多いと思いますが、売却を依頼した不動産業者がしっかりとサポートをしてくれます。

売却に関わる経費(仲介手数料)などの清算をします。
また、マンションの引き渡し日までに必ず引越しを必ず済ませるようにしてください。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする