マンションの任意売却について

この記事の所要時間: 237

マンションの任意売却

マンションを購入する際には、ほとんどの方住宅ローンを組んで購入します。
その中で、何らかの原因で住宅ローンが支払えなくなったというケースは珍しくありません。
そういった場合には、マンションを手放すしかありませんよね。

住宅ローンが支払えなくなった場合

ローンが支払えなくなった場合には、下記のような方法で売却をする事となります。

競売

6ヶ月に渡って住宅ローンの返済が滞った場合に競売になります。
落札価格が低く、住宅ローンの残債が多く残るデメリットがあります。

任意売却

住宅ローンを組んでいる金融期間の許可を得て、通常通りのマンションの売却を同じように売却をしていきます。
競売よりもより高く売却できる可能性があるメリットがあります。

ローンが支払えなくなった場合には任意売却にしよう

競売は、時価相場の6〜7割程度の価格になります。
その他、購入者によっては「内覧が出来ない」「ローンの融資が受けれない」などと言ったデメリットが多くあります。
そのため、住宅ローンを支払えなくなった場合には、任意売却にて売る事をオススメします。

任意売却は、時価相場の8〜9割で売却する事が出来る場合が多いので、競売ではなく任意売却の方がメリットが大きいと言えます。
不動産会社で取り扱っている所も多いので、相談すると良いでしょう。

任意売却は特殊な取引になりますので、数多くの取引実績がある会社に依頼したい所です。
会社によってもより高く売れるかどうか、すぐに売却出来るかどうかが決まってきますので、慎重に業者を選びましょう。

任意売却って?

そもそも任意売却とは一体何なのでしょうか?

マンションを購入した際には、ほとんどの方が住宅ローンを組んで購入します。
ローンを組むと、その金融機関に担保という音で、抵当権の設定を行います。

マンションを売却する場合には、抵当権が設定されているため勝手に売る事が出来ません。
売るためには、住宅ローンを完済して、抵当権の抹消をする必要があります。

住宅ローンが支払えなくなって、急に売却をする事になったとしても、売却金額よりも住宅ローンの残債の方が高くなる事がほとんどです。
その時に、金融機関の許可を得て、競売にかけれられる前により高く売る方法というのが、任意売却と言います。

競売よりも高く売れる事の他にも、売却金額から引越し費用なども出してもらう事が出来ます。
また近隣へバレずに売却する事も可能なので、大きなメリットとなります。

任意売却を行いたい場合

住宅ローンの返済が滞ってから10ヶ月程度経つと、競売が開始されます。
そのため、その前に不動産会社に相談しましょう。
プロなので、様々な場面に対応しています。
返済の事などを色々と相談すると、的確なアドバイスをもらう事が出来ます。

不動産会社によっても、売れ行き等も大きく変わりますので、色々な会社を比較するようにしてください。
その際には、一括査定などを利用すると非常に便利です。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする