離婚が原因でマンション売却をする

この記事の所要時間: 27

離婚が原因でマンション売却

マンションを売却する理由というのは人それぞれです。
その中で多い売却理由として、離婚によるマンション売却というものがあります。

「住宅ローンがある場合、連帯保証人になっている場合」や「名義変更はできるのか」など、様々な問題が出てくると思います。

連帯保証人を変更したい

連帯保証人となっている場合、連帯保証人から抜け出す事は基本的にはできません。
そのため、後々トラブルにならないためにも、離婚するまでに住宅ローンの返済を完了したい所です。
しかし、返済できるほどのお金がないという方がほとんどですよね。
そんな時には、そのマンション自体を売却してしまうという方法が一番ベストな方法だと思います。

通常の売買の他にも、任意売却というものがあります。
任意売却は借入をしている金融機関に承諾を得る必要がありますが、オーバーローンの場合には非常に有効な手段です。
売却価格がローン残債よりも低い場合(オーバーローン)にも、債務者の収入や状況に合わせて返済をする事ができます。

任意売却か通常売買かは、売却を依頼する不動産会社に相談すると良いでしょう。

ローン中のマンションを売却できるのか?

ローン中でも売却する事はできます。
残債が残った場合には、足りない分を現金返済する事で問題ないのですが、現金を用意する事ができないという人も多いでしょう。
しかしながら、売却価格が住宅ローンよりも低い場合で残債が残ったとしても、任意売却という方法で売れます。
市場価格で売却しやすいなどのメリットはありますが、ブラックリストに掲載されたりとデメリットもありますので、全てを把握した上で任意売却を利用するようにしてください。
このあたりに関しては、不動産会社が詳しいので、一度相談してみると良いでしょう。

当ページのまとめ

離婚が原因でマンションをどうするか迷っているという方は、売却する事をオススメします。
様々な状況があると思いますが、売却する事で後々にトラブルになる可能性というのも非常に低いと言えます。
通常の売買にするのか、任意売却にするのかというのは、状況によって変わってきます。
また、すぐに現金が必要という方は、買取制度というものもあります。
複数業者に相談、査定依頼をして比較をすると、より自分に合った不動産業者を見つける事ができます。
不安な事も多いと思いますので、しっかりとサポートをしてくれる業者に依頼したい所です。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする