専任媒介契約のデメリット

この記事の所要時間: 156

専任媒介契約のデメリット

専任媒介契約の場合には、業者によっては大きな損をする可能性があります。
それを知るには、仲介手数料の仕組みを知る事が必須です。

仲介手数料の仕組みとは?

不動産業者というのは、売買が成立をすると報酬(※仲介手数料)をもらう事ができます。
売り手を見つければ売り手から、買い手を見つければ買い手から、両方見つければ両方から報酬をもらえます。
業者としては、片方が見つかるよりも、売り手と買い手を自分たちでしっかりと見つけて、両方から仲介手数料をもらいたいと思うのは当然ですよね。

両方から仲介手数料をもらうためには、自分たちの力で売主と買主を見つけなければなりませんので、様々な広告活動が必要となります。
不動産の売却活動の方法は様々ですが、業者独自が行っている広告活動以外にも、専任媒介契約の場合にはレインズの登録が必須となっています。
レインズというのは、全国の不動産業者が物件情報を登録する場所で、情報共有をしているデータベースです。
つまり、レインズに物件情報を掲載する事で、全国に買い手が見つかる可能性があるという事になります。

悪徳業者は買主の問い合わせを断る!?

ここに罠があるのです。
先ほど記載しましたが、自分たちで売主と買主を見つけなければ報酬を両方からもらう事ができません。
レインズにて物件情報を登録して、全国にある他の業者が買主を見つけた場合には、報酬がひとつになります。

悪徳業者の場合にはそれを嫌がり、最初だけレインズに登録をして、削除してしまうような所もあります。
さらには、他の不動産業者から「買主がいるので売主を紹介してほしい」と問い合わせがあった場合でも断る場合があります。
売主にとっては、早く売りたいわけですから買主を紹介してほしいわけですが、不動産業者は両方から報酬がほしいために断ってしまうという悪循環が起こります。

信頼のおける業者でなければ損をする

悪党業者の場合には上記のような事が起こるという事もあって、信頼のおける不動産業者の選定というのが必須となるわけです。
大手だから安心、地元で長年営業しているから安心という事もありません。
色々な業者を自分の目でしっかりと見て、ちゃんと見極めて業者を選ぶようにしてください。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする