マンション売却に必要な司法書士費用について

この記事の所要時間: 132

マンション売却に必要な司法書士費用

マンション売却をする際の司法書士費用について記載していきます。
どんな時に司法書士が必要になるのかというと、売買が成立した際に、所有権の移転手続きをする時です。
最悪素人でも出来ない事もありませんが、非常に手間がかかる作業なので、プロに任せておいた方がメリットがあります。
トラブルになってからもおそいですし、安心して任せる事が出来ます。

司法書士費用ってどの位?

司法書士費用は、所有権の移転手続きをする際に、約5万円から15万円必要となります。
費用は依頼する司法書士や売買金額によって変動しますので、色々と見積もりをしてみるのも良いかもしれません。
ほとんどの場合、売却を依頼している不動産業者と提携をしていますので、司法書士を紹介してもらう事が出来ます。

また、所有権を移転する際には、マンションの権利書が必要になるのですが、紛失している場合には、また費用が高くなります。
その他、権利移転に伴う交通費、印紙税も別途請求されます。
総合的な費用の概算を事前にしっかりと確認をしておきましょう。
この費用を合わせるとだいたい30万円前後になる場合が多いと言えます。

司法書士を自分で探した方が良い?

先ほども記載しましたが、ほとんどの場合、不動産業者と司法書士は提携をしています。
その中で、より安い司法書士を探すために、不動産業者に詳細された司法書士以外を自分で探すという方法が良いと考えるかもしれません。
しかしながら、価格だけで契約をすると痛い目を見ます。
意外にも司法書士とのトラブルも多く報告があります。

不動産業者に紹介してもらえる司法書士はしっかりしています。
トラブルになる心配もありませんので、よほどの事がない限り、自分で探すよりは条件が良いと思います。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする