マンション売却で損する場合とは?

この記事の所要時間: 122

マンション売却の損

マンション売却をする際に損をする事だけは避けたい所です。
そのためには、どんな場合に損をするのか把握しておく必要があります。

通常で考えると、住宅ローンの残債よりも低い金額で売買されると損をすると感じると思います。
果たして本当にそれが損をする事に繋がるのでしょうか。

マンションを売却する際には、ほとんどの場合、購入金額よりも高く売れるという事はありません。
そのため、ある程度の損失は覚悟しておかなければなりません。
それは皆さんご存知だと思います。

より高く売りたいというのは、皆さんが思う所でしょう。
極力損失を減らすために、高く高く価格設定をしたい所ですが、価格設定は慎重に考える必要があります。

本当の損失は、売れ残るという事です。
現在では、マンションはひじょうに 売れにくい状況となっております。
そのため、売る際に多少の損失が出ていたとしても、価格設定を下げて早く売却してしまった方が得なのです。
特に、購入希望者から価格交渉があった場合には、なるべく応じるようにしてください。
次にいつ売れるかという保証はありません。

将来的に、「商業施設の建設予定」「駅が出来る」など、マンションの価値が上がりそうな場合には、少し待ってみるという方法もあると思います。
微妙な売り時を逃すと、さらに売れなくなる場合がありますので、特段の事情がある場合には、売却を依頼している不動産業者に相談をしてみると良いでしょう。

的確なアドバイス、提案をもらうため、不動産の業者選びも慎重になるようにしてください。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする