相続をしたマンションを売却する場合には?

この記事の所要時間: 150

相続したマンションの売却

相続をしたマンションを売却する場合には注意点がいくつか存在します。
どのような流れで売却されるのか、当ページで記載していきたいと思います。

相続した後には、元々の所有者から相続人に相続登記を行う必要があります。
相続登記が完了して、相続された後の売却方法というのは、通常のマンションと変わりはありません。
不動産業者に売却の依頼をし、購入希望者を見つけてもらい、引き渡しをします。
流れは業者の指示通りで問題ありません。

相続したマンションには、当然ですが様々な維持費を支払う必要があります。
例えば、固定資産税は大きな支出となります。
その他にも、マンションであれば管理費や修繕積立金というのも必要となってきます。
もしも今後住む予定があるなどの特別な理由がない限りは、売却してしまった方が良いのです。

現在では、マンションの価格自体も下落していく可能性も高いので、維持をしておくと損をする可能性が高いと言えます。
どちらかと言えば、値下げなどを積極的に行い、少しの損を恐れずに早めに売却する事をオススメします。
売却損になったとしても、確認申告を行う事で減税対象になる可能性もあります。

売却を依頼する不動産業者とよく話し合いを行い、戦略をしっかりと立てていくようにしましょう。
自分の要望もあると思いますので、打ち合わせの時に伝える事で、最適なプランを立ててくれます。

貸すという方法はあり?

売るのではなく、賃貸をするという方法も考えられると思います。
もしも入居者がいれば、家賃収入も入ってくるので、メリットが大きいと感じる人も少なくはありません。
しかしながら、リスクもある事は忘れないようにしたい所です。
必ずしも入居者が出るとは限りませんので、空室が続く事で、維持費だけでかかっていくというケースも考えられます。
不動産業者に任せっきりになるという事であれば、賃貸は辞めておく事をオススメします。
マンション“経営”という位ですから、自分もしっかりと考えて動かなければなりません。
その分の手間を考えると、売却をしてしまった方が楽と言えるでしょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする