マンション売却と消費税について

この記事の所要時間: 121

マンション売却と消費税

マンションを売却する際には、消費税も関係してくる事も頭の中に入れておきましょう。
消費税の引き上げも大きな問題となっていますので、しっかりと把握しておきたい項目のひとつです。

売ろうとしているマンションによって異なってきます。
居住用のマンションであれば、消費税がかかるという事はありません。
消費税の課税対象となるのは、「事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等」なので、個人がいくら売買をしようとも、消費税が課税されるという事はないのです。

では、どういった時に消費税がかかってくるのでしょうか。

賃貸用のマンションを売却する場合には、消費税が必要となります。
ただし、消費税が課税されると言っても、建物部分のみです。
土地の部分に関しては、消費税の課税対象となっていません。

もっと言えば、売却によって収益があがった場合にしか消費税が課税されるという事もありません。
購入金額よりも売却額の方が大きいというのは、よっぽどの事なので、ほとんどの場合、消費税がかかるという事はないというわけですね。

仲介手数料には消費税がかかる

どちらにしても、売却を依頼している不動産業者に支払う仲介手数料に関しては、消費税を支払う必要があります。
支払う金額は、不動産の売買金額によっても変動しますので、あらかじめ不動産業者に確認しておくと良いでしょう。

税金に関しては、間違いは許されません。
税金を納める事は、国民の義務となっていますので、不安な方は業者にしっかりと確認をしておきましょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする