マンション売却でかかる印紙税とは?

この記事の所要時間: 128

マンション売却でかかる印紙税

マンション売却時に必要な印紙税について記載しているページです。

まず印紙税とは何なのでしょうか?
印紙税とは、売買契約書に貼らなければならない税金の事です。

マンションを売却する際には、売買契約書が必須となります。
買主と売主側で2通分が必要となりますので、収入印紙も2つの契約書にかかってきます。
例外として、買主が個人ではなく法人の場合には、1つの収入印紙で大丈夫になります。
原本を業者、コピーを売主が保管しておきます。

印紙税ってどの位かかるの?

印紙税は、取引金額によって異なります。

100万円超から500万円以下:2,000円
500万円超から1,000万円以下:10,000円
1,000万円超から5,000万円以下:20,000円
5,000万円超から1億円以下:60,000円
1億円超から5億円以下:100,000円
5億円超から50億円以下:400,000円
金額の記載のないもの:200円

左側の金額に対して、右側の印紙税が必要となります。
印紙税は直接支払うものではなく、収入印紙を購入して、その収入印紙を売買契約書に貼ります。
不動産業者が用意をしてくれるのか、自分で用意をしなければならないのか、事前に確認をしておきましょう。

居住用のマンションの価格からすると、だいたい20,000円以内には収まります。

収入印紙を不正すると?

収入印紙を不正すると、犯罪になります。
単純に税金を払わないという事なので、犯罪になるというのはイメージ出来ると思います。
主な罰としては、懲役1年以下もしくは、20万円以下の罰金、または両方の可能性が課せられます。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする