マンション売却に必要な抵当権抹消費用とは?

この記事の所要時間: 128

マンション売却に必要な抵当権抹消費用

マンションを購入する際には、ほとんどの方が銀行からお金を借りて購入します。
住宅ローンを組んで購入をすると、金融機関に抵当権というものが設定されます。

抵当権って何?

抵当権というのは、住宅ローンの支払いが困難な場合、金融機関がマンションを処分して、ローン残債を回収する事が出来る権利です。
何らかの原因で住宅ローンが支払えなくなったという話しは珍しくはありません。

当然、住宅ローンが完済すれば、この抵当権というのは抹消されます。
この抵当権を抹消しない限りは、通常であればマンションの売却を行う事は出来ません。

抵当権を抹消しないと売却出来ない?

先ほども記載しましたが、抵当権を抹消しなければ、通常であればマンションを売却する事が出来ません。
しかしながら、マンションを売却するほとんどの方が、ローンの残債が残っている方が対象となっています。
どうやって売却をしているのかというと、先に売却活動を行い、売却したお金が入ってきた時点で住宅ローンの返済に充てて、抹消してもらうという方法を行っています。
もしも売却金額がローン残債よりも低かった場合に、足りない分を現金で支払う必要もあります。

抵当権の抹消方法は?

住宅ローンを返済したからと言って、勝手に抵当権が消えるわけではありません。
しっかりとした手続きを行う必要があります。
素人で行う事は不可能ではありませんが、専門知識も必要なので、通常は司法書士に依頼します。
司法書士に依頼すると費用がかかります。
相場としては、1万円から2万円程度です。
売却を依頼している不動産業者に司法書士も紹介してもらえますので、色々と相談をしてみると良いでしょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする