マンション売却の築年数の影響

この記事の所要時間: 135

マンション売却の築年数

マンション売却を行う際には、築年数が非常に影響していきます。
もちろん、年数が低くなればなるほど高く売る事が出来ます。

価格査定を行う際には、公益財団法人不動産流通近代化センターのマニュアルを参考にします。
その資料によると、築年数10年で建物の評価がゼロになります。
それ以降の年数に関しては、どんどんマイナス評価になっていきます。

築10年になる前に売った方が良いの?

ライフスタイルを考えた上で、子供が大きくなるからもう少し大きな家に引越しをするなどの理由で、将来売却する可能性があるのであれば、10年経つ前に売ってしまった方が良いという事になります。
10年経過すると、一気に価格が落ちてしまいます。
不動産の検索サイトにて物件を探す人も、圧倒的に築10年以内の欄にチェックボタンを入れて検索をしています。
購入希望者の目に止まりやすいので、高く売る事が出来るだけではなく、より早期に売る事が出来るというメリットもあります。
つまり、築11年以降のマンションに関しては、評価がゼロになるだけではなく、設定価格を下げるなどの工夫をしなければ、購入希望者の目に止まらなくなります。

より高くマンションを売るためには?

マンションを売却する際には、必ずしも計画性があるわけではありません。
ほとんどの方が、相続、離婚、転勤など、急な場合に売る事が多いので、築10年以上経過している物件を売るという事もざらにあります。
築年数が経過したマンションでも、より高く売りたいという事は当然思います。
その際には、出来るだけ複数の不動産会社に査定依頼をするようにしてください。
不動産会社によって査定額というのは大きく変わってきます。
数百万円の差が出る事も珍しくありませんので、一括査定などを利用して、複数会社に依頼するようにしましょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする