マンションが売れない理由とは?

この記事の所要時間: 28

マンションが売れない理由の画像

マンションが売れない理由について記載していきます。

マンションを売却し始めてから、なかなか売れないという方が意外にも多くいると思います。
その中で、どうやったら売れないマンションを売れるようにするのか?という解決策について触れて行きます。
まず、今の自分の状況を把握する必要があります。
売れないという場合には、下記のようなパターンを考える事ができます。

・内覧希望者がいなくて、問い合わせもない
・内覧希望者がいないが、問い合わせはある
・内覧希望者がいるのに売れない

上記3つのパターンがあります。
この状況によって、取らなければならない対策というのは変わってきます。

1.内覧希望者がいなくて、問い合わせもない

この場合が一番最悪の状態となります。
内覧がなくては、マンションを売却する事は当然不可能です。
その上、問い合わせもないわけですから、売却できるはずもありません。
では、どのような対策を取るべきなのか?

「興味を持ってもらうために価格を下げる」か「気長に待つ」という方法があります。
とにかく早く売りたいという方は、損をする可能性は高いですが、価格の値下げをするしかありません。

2.内覧希望者がいないが、問い合わせはある

先ほども記載しましたが、内覧者がいなければ売れるという事はありません。
とにかく内覧に来てもらうという事が最優先のやるべき事となります。

それは、価格設定を見直すという事です。
つまり、値下げをするという事。

問い合わせがないという事は、そもそも物件に興味をもたれていない証拠です。
立地条件や間取りに対して、価格設定が間違っていなければ問い合わせは必ず来ます。

3.内覧希望者がいるのに売れない

内覧をしてもらえてるという事は、物件に興味を持ってもらっているという事です。
そのため、断られた理由をしっかりと把握する事で、あとは売却するのは目前と言えます。

不動産業者にしっかりと断られた理由というのを、聞いてもらうようにしてください。
価格が高いというのであれば、価格調整をしなければなりませんし、部屋の間取りやデザインが嫌いというのであれば、リフォームを検討する必要があります。

まとめ

状況によって、解決策は異なります。
売却を依頼している不動産業者との連携が必要不可欠です。
どのように解決をしていくのか、しっかりと打ち合わせをするようにしましょう。

【1,000万円以上も高く売却に成功した体験談サイトを紹介します】

マンション売却時に参考になる売却体験談サイトです。

体験談サイトの画像

【体験談サイトの内容は?】
  • 実際に利用した生の声
  • 成功を含めて、失敗談も掲載
  • 売却時の注意点が分かる
  • 自分に合った業者を見つけれる
  • トラブルの対処法

1,000万円以上もお得になった情報や実際の失敗談が掲載されています。
マンションの売却を検討している方は、見てみると参考になると思います。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

複数業者に見積もり依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする